2009年2月16日月曜日

《2月14日 どんどこ!巨大紙相撲北本場所千秋楽》

写真提供:佐々木さん

北本千秋楽開催! 
当日は、午前中の雨と寒さが心配されていましたが、
2月なのに、あり得ないほどのナイスな暖かさ!
お天気は、千秋楽の味方でした。

<「テレビ埼玉」夕方のNEWS映像>
video


前日準備、注連縄(しめなわ)づくり。こうやって作るんですね?


リムジンカー?も出現。

開幕当日、春のような陽気の中で準備&会場まで行進中

開幕は、北本太鼓かばざくら!!
(http://www.gem.hi-ho.ne.jp/kabazakura/)

 
気合い入ってます!


まずは、開幕挨拶、アーチストKOSUGE 1−16の土谷さん
(http://homepage.mac.com/kosuge1_16/)
ピンクの帽子の方たちは?

全力士土俵入り!お気に入りの力士をみせびらかします!

ピンクの帽子の方たちは、石戸15人衆!
行事、審判、進行をしてくださいます。
北本場所の強い味方です!

取り組み前の力士達

気合い十分!

そして、こんなにたくさんの人たちが
土俵を叩き、そして 叩く!
子供も大人もいっしょに
どんどこ!どんどこ!叩くんです!!

大会もそろそろ終盤に。栄華連の よさこい演舞!迫力でした。


優勝は『くまの山』
特大トロフィー(石戸15人衆、雑木林の会の力作)贈呈!
おめでとうございます!



そして、数々の懸賞幕。


敢闘賞/技能賞:朝顔の種 (明後日朝顔プロジェクトさん)
準優勝:北本名菓!トマト大福 (岡乃家 さん)
準優勝:チョコレートいっぱい(両国亀沢4丁目町会長 飯沼 清さん)
部屋優勝:おいしいチーズケーキ(エスティーロさん)
優勝:特大トロフィー(雑木林の会さん、石戸十五人衆さん)
とチョコレートいっぱい(亀沢4丁目町会長飯沼清さん)
アート賞:あん肝セット(小料理喫茶 かず子/和心団さん)
各デザイン賞:金魚たくさん(吉野金魚屋さん)
参加賞:とれたての北本内田大根!(北本内田大根さん)

懸賞をご提供してくださったみなさま!
ご協力、本当にありがとうございます!!


大会後には、会場外で、ちゃんこ!をいただきました。
(すみません。食べるのが忙しく写真撮れませんでした。)
おいしかったです!ごっちゃんです!


優勝力士くまの山!オープンカーでパレード出発!!



パレードは、つづく、いや、まだまだ つづけたい感じ。

今回は、18力士が参加、来場者は、250〜300人ほど。
これだけのにぎわいが終わるのは、心惜しいです。
『来年は、いつ?』なんて声も会場から聞こえてました。



大会最後には、かねしょうさんの弓取り式も!




地域巡業参加、千秋楽参加、北本場所へ協力していただいた皆様、
本当にありがとうございます!




「KOSUGE 1-16」の土谷さん、車田さん、お疲れ様でした!

亀沢4丁目のプロジェクトもうまくいくと良いですね!

・WSのドキュメント出版  
・巨大紙相撲の地域対抗戦
・巨大紙相撲全国場所@北本  
・北本市栄小の稲を使った"煎餅焼き"プログラム  など、
色々アイディアが出ましたが。

また北本で一緒に何か作れるのを楽しみにしています!

それまでに、キタミン・ラボ舎の体制づくりもしっかり作れたらと思います。


ごっつぁんでした!!!

2009年2月14日土曜日

【予定】2月14日(土)「どんどこ!巨大紙相撲千秋楽」





たかが紙相撲とあなどるなかれ…
本物の大相撲さながらに、行事が競技を進行していきます。

土俵の周りで力士を動かす子供たち、大人たちの
闘い(叩き)ぶりにもご注目を。

マス席でわいわい応援もよし。
飛び入り力士で真剣勝負もよし。
助っ人で土俵を叩くもよし。

「北本場所」へのご来場、心よりお待ち申し上げております。

【北本場所参加の心得】
1、マス席で巨大力士に声援をおくるべし
2、座ってみていられなくなったら、土俵を叩いて応援するべし
3、とことん参加したいなら力士をつくって出場するべし


★日時:2月14日(土)午後1時~午後3時
★参加費:無料

★場所終了後、ちゃんこ鍋の無料配布を予定しています。
(数に限りがある点は、ご了承下さい)

★午前中・飛び入り力士づくりワークショップ

千秋楽当日は先着6組のみ、力士制作と大会への出場が出来ます。
・日時:午前9時~12時 ・会場:北本市文化センター第3会議室

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【主催】北本市青少年育成市民会議・北本市教育委員会
【協力】キタミン・ラボ舎
【問合せ先】北本市教育委員会・生涯学習課 048-594-5567
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

<当日の主なスタッフスケジュール>

09:00 北本中学校・体育館集合
(A,文化センターのワークショップグループ と B,体育館設営準備グループ に分かれて準備)

10:00 A,文化センターワークショップ開始
12:00 B,体育館設営準備完了
13:00前 A,文化センターワークショップ終了、体育館へ誘導

13:00 <北本場所・千秋楽 開始>
15:00 <終了・ちゃんこ鍋の配布>

16:00 撤去開始
18:00 完了
19:00 スタッフ打上げ会

2009年2月11日水曜日

           《11日全体MTG》






編集:金田さん

今日のミーティングは、

・正式名称、ロゴ担当の決定

・組織図の整理

・推進役、担当者の決定

をしました。

=============================================

1、「団体名」
キタミン・ラボ舎 Kitamin Laboratory


2、「ロゴ」
メインビジュアルとバグビジュアルを考える方向(川村と小野の共同デザイン)


3、「プロジェクト名」
・キタミン・ラボ(ミーティングや各種ワークショップなど)
・北本アーツキャンプ
・どんどこ!巨大紙相撲
・北本明後日朝顔プロジェクト
・Kaekko かえっこ  等など,,,



4、「キタミン・ラボ舎 組織図」(推進役・担当者)
作成:金田さん

--------- 総務部 (金田、渡辺)--------------

【空間課】 (上原、金田)
【全体企画・戦略提案課】 (臼井・百瀬)
【広報/PR課】 (川村)
【記録・ドキュメント制作課】 (  )
【財務・助成金申請・スポンサード課】 (  )

--------- 観光部 (百瀬)--------------------

【移動課】 (臼井)
【サロン課】 (吉川)
■ベースプロジェクト:「どんどこ!巨大紙相撲」 (KOSUGE 1-16)
「北本明後日朝顔」 (日比野克彦) 「かえっこ・アーツキャンプ」 (藤浩志)
■登録アーティスト観光大使:矢口観光大使、西尾観光大使、南川観光大使,,,

--------- レーベル部 (大和田) --------------

【レーベルブランディング課】
【各種出版事業課】
【プロダクト事業課】

===================================================

「キタミン・ラボ舎とアーティストの関係」

・キタミン・ラボ舎は事務局/窓口/広報機能で協力する
・キタミン・ラボ舎にアーティスト登録(観光大使)してもらう


「キタミン・ラボ舎と地域・市民活動団体との関係」

・従来のリサーチ⇒プロジェクトというやり方ではなく、リサーチ=プロジェクトという形を考える
(自然な流れでの地域へのアプローチ)
・現在ある市民団体の専門範囲と独立した活動意識は、特に考慮して行動する

【予定】2月11日(木) 「どんどこ!巨大紙相撲 本町巡業」


11日のスケジュールについてですが
ミーティングはもちろん、紙相撲本町巡業もあります!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【スケジュール】
8:50 北本駅西口集合
9:00 坂さんの案内のもと、雑木林へトロフィーの材料を採取。
終わり次第、コミュニティセンター(本町西高尾学習センター)へ。巡業の会場設営を開始。

★コミュニティセンターへのアクセス
会場地図はこちら。
北本駅西口よりバス「北里研究所メディカルセンター行き」で約6分。
”本町西高尾学習センター前”バス停で下車。 (北本駅バス停 時刻表)

13:00 力士作りワークショップ&14日千秋楽のための備品制作。
15:00 ワークショップ終了。その後、千秋楽にむけた打ち合わせ。
18:00 東部公民館にてミーティング(お酒と食事代:1500円ほど)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2009年2月1日日曜日

    《1/31-2/1 Kitamoto Winter Arts Camp》

最終日の集合写真
撮影・編集:佐々木さん

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ちょっと長くなりましたが、ウィンターキャンプの報告です!

2日間随分と濃密な時間と笑いがあったなぁと、この記事をまとめながら思いました。

より具体的なミーティングもこれから始まりますが、改めてよろしくお願いいたします!!

<次回イベントやミーティングの予定>

・2月11日(木・祝) 9時~ どんどこ!巨大紙相撲”本場所”へ向けての準備
・2月11日(木・祝)13時~ どんどこ!巨大紙相撲”本町巡業”
・2月11日(木・祝)18時~ ミーティング@東部公民館研修室

・2月14日(土)13時~ どんどこ!巨大紙相撲”本場所”@北本中学校体育館

各イベントの詳細は、お気軽にお問い合わせ下さい。

キタミン・ラボ舎
e-mail  kitamoto.art@gmail.com
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


《キタミン・ラボ舎  「1/31-2/1 Winter Camp」  》
《~ベースキャンプを作ろう!!~ 》


【【【【 1月31日 】】】】


<午前中:どんどこ!巨大紙相撲~北本場所・石戸巡業~>

午前中は、「KOSUGE 1-16」による巨大紙相撲”石戸巡業”へみんなで参加しました!

北本駅西口KAOプロジェクトチーム作の"KAOマン"も登場し、

子供から大人まで全員で真剣勝負!!
写真を見てもらえれば、熱気が伝わると思います!

千秋楽・本場所へ向けて、これからが楽しみです!!!

~どんどこ! 巨大紙相撲 北本場所~
1月11日13時 本町巡業@コミュニティセンター
1月14日13時 ”本場所”@北本中学校体育館


撮影:澤田さん

撮影:田中さん

撮影:上原さん

撮影:田中さん

撮影:澤田さん

撮影:澤田さん

撮影:澤田さん

TV取材を受ける「KOSUGE 1-16」土谷さん
撮影:澤田さん

制作中の「KOSUGE 1-16」車田さん
撮影:澤田さん




<午後:CAMPミーティング と ベースキャンプの見学会>



<1> 北本市役所・村田様からの市内紹介と29日シンポジウムの概要

撮影:澤田さん

<2> 今回から初めて参加する方の自己紹介。石津賢治市長も到着。

<3> 藤さんから、まず最初の「妄想 KITAMOTO ART TOWER」プレゼンテーション

撮影:澤田さん

撮影:澤田さん

<4> 森さんより 「北本の方向性とこれからの可能性」についてさらに展開してもらい、

撮影:澤田さん

<5> 熊倉先生より 「アート・デザイン≒PR≒ブランディングのつながりとその考え方」について話がまとまっていく。

撮影:澤田さん

<6> 拠点候補地の見学会!!

全体のイメージ共有をまずしたところで、さらに、
ベースキャンプ拠点となりそうな"駅西口近くの4階建てビル"を参加者全員で見学。

藤さんに負けず劣らず、それぞれの妄想が爆発して全員盛り上がる。
ビル屋上からの北本市内の眺めを見て、妄想はクライマックスへ。

その後は、空き家の長屋4棟と戸建平屋を見学して、もう一度野外活動センターへ戻りました。


撮影:上原さん

撮影:澤田さん

撮影:澤田さん

撮影:澤田さん

撮影:小野さん

撮影:小野さん

撮影:小野さん

撮影:田中さん

撮影:小野さん

撮影:澤田さん


<7> アーティスト・プレゼンテーション 1
矢口さんより 「ロンドンでのコルクを使った作品郡」「水戸・小料理喫茶ワシントン」「キタモトマトラベル構想」
撮影:澤田さん

<8> アーティスト・プレゼンテーション 2
西尾さんより 「costume play」「ビタミンT」「TAPでのユニフォーム制作」
撮影:澤田さん

<9> アーティスト・プレゼンテーション 3
臼井さん、百瀬さん、吉川さんより 「アーティストin児童館」



<夜:食事会と夜の会議>

平戸集会所へ移動して、夜の会議。
森先生、熊倉先生、藤さん、土谷さんも、もちろん参加。

北本市役所・砂生さんには餃子10パック前後!を焼いていただき、お酒も用意され、
21時解散予定という事は守られる…

…はずもなく、0時過ぎまで雑談、アート、北本談義。
1時頃より、さらに別の喫煙ルームでは、色々なプロジェクトの芽も生まれていた模様…。



【【【【【 2月1日 】】】】】


<午前中:CAMPミーティング>

<1> アーティスト・プレゼンテーション 3
川村さんより 「KYOTO ART WALKでの提案」「デザイン・広報への姿勢」
撮影:澤田さん

<2> アーティスト・プレゼンテーション 4
"wah"南川さんより 「"地面の中の家がある"プロジェクト」「これまでの活動全般・ミーティングの重要性」
撮影:澤田さん

<3> アーティスト・プレゼンテーション 5
大和田さんより 「芸大での音響実験」「"郊外"というキーワードでのレーベル化構想」

撮影:澤田さん

<4> アーティスト・プレゼンテーション 6
北澤さんより 「病院の村」「浮き島'08 浮き島への港」

撮影:澤田さん

<5> アーティスト・プレゼンテーション 7
三友さんより 「ピンホール・カメラ・バス」「北杜市・苗プロジェクト」



<昼:昼食と休憩>


<午後:CAMPミーティング ~分科会とまとめへ~ >

<6> "アイディアを全て出す"
これまでのキャンプ中に出てきた

・案やアイディア
・引っ掛かるキーワード
・北本を体験した上での、アーティスト活動、作品との可能性
・夜の会議でのアイディア

大きなものから小さなものまで、項目をホワイトボードに書き出しました。

<7> "アイディアを大きく分ける"

出てきた項目を、下の4つの項目に分けて考えてみようとなりました。

・移動
・WORKSHOP
・出版,レーベル,PR
・運営,スペース

希望者を募って、それぞれの分科会でまとめに入ります。


<8> 分科会ミーティング

それぞれのグループで集まり、約30分ほどミーティングをしました。

この時間はキャンプ全体に較べたら短い時間ですが、
2日間の"流れ・空気"が全て集まった一番濃い瞬間だったような気がします。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ここから長くなりますが、各班からの発表と、それを受けてのまとめになります。
一部、夜の会議、昼食中の雑談の中でのアイディアも項目別に追加しています。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

<9> 分科会から発表

[WORKSHOP班]

撮影:澤田さん

・ワークショップへの参加者との関係を改めて考えたい。
アーティストから参加者への一方的な提案で良いのか?

⇒例えば、北本市在住の佐々さんの作品・活動に対して、
アーティストがバックアップをして、新しい形をつくれないか。

⇒その形もアーティストが前面に出るのではなく、
あくまで後方からのサポート・相互提案として関係する。
活動自体は、改めて別の発表機会を設けて、アーティストの関わりを公に知らせる。


[PR・出版・レーベル班]

撮影:澤田さん

・一方的な告知型のPRではなく、「仕掛け・動き・影響を与える≒感染」という
観点から可能性を考える

・北本市が当てはまる"郊外"という点をキーワードに、再ブランディングが出来ないか。
全国に存在する"郊外エリア"へも移植可能な方法論が確立できるかもしれないという、
面白さがある。

・PR/情報のアウトプット方法において、アーティスト自身が媒介・媒体になるような事も考える


[移動班]

撮影:澤田さん

<核となるのは「ツアー」という概念>

⇒方法として、「レンタサイクル」はもちろん、「トラクター」等の貸出・利用も考える

⇒ツアーの体験を共有する場を作り、アーカイブ化していく。
同時に、そのアーカイブをリサーチすることで、ツアーの内容へフィードバックを発生させる。
そのためにも、拠点、アートタワー構想が必要となってくる。

⇒例えば、西尾さんのTAPユニフォームプロジェクト。身に着ける+スタッフが移動する事で広告媒体としても機能していた。
自転車用のバッグが作れないか。農家のビニールハウス等の生地をバッグにする。
北本特製のものでつくる。それらを販売する可能性もある。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[以上三班からの発表を受けて]

撮影:新井さん

WORKSHOP、広報、事業(販売)、これまでの分科会の全ての要素が、
"移動""ツアー"という点に集約・関連し始める、
このプロジェクトの1つの形として、「ツアー」という概念は軸として考えて
いっても良いのではないか?

また、同時に「ツアー」という概念は、出発地があってこそのツアーであり、
実行するにあたり"拠点""ベースキャンプ"の必要性が改めて出てくる。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------


[運営・スペース班]

撮影:澤田さん

<運営事務局の主な仕事>

・人、場所、期間を考えた"予算"の配分
・PR・広報・ネットワーク化の仕掛けづくり
・ブランディング・理由付けの戦略
・仕組みを街にインストールする

⇒これら全てにおいて、良い"成果"を重視するとともに、
新しい方法/仕組みによる"過程"を考えなくては、根本的にやる意味がない

<広報とブランディング。内的な効果と外的な露出>

内側へ:市民・地域への貢献内容
外側へ:プロジェクトの外的な露出・対外的なアピール、評価

それらの確立を、アート的とデザイン的思考の方法を用いて行う事を考える

⇒WSの連続を行っていくことで、内外的に"高いレベルでのブランディング"というものはされるのか?
⇒ソフト面(作品・WSなど)だけでなく、ハード面(場所・スペース、例:アートタワー構想)
といったモノがやはり重要
⇒また、その仕組みの中に"市民"の存在がなくては、全ては形だけのものとなる


<10>まとめ

撮影:澤田さん

<目標>

・2年後20011年に1万人規模のイベントを目指してスケジュールする

・アーティスト、クリエイターの集まる場所、居心地が良い場所として、
北本という街をどう提案できるか。
「拠点を北本にしたい」「住む事で幸せになる」といったイメージと、
現実的な「居住・制作・流通・交流」をし易くする環境を整える。

⇒そのために、キタミン・ラボ、北本市エリアからの事業化は考えたい。
ドキュメント出版、アーティストのワークショップ運営など、
作品の流通・アピール段階まで考えた、流通経路・インフラ作りをサポートする。

⇒キタミン・ラボの名称も、キタミン・ラボ+事業会社+教育要素=『キタミン・ラボ舎』*としたい。
組織名称も、移動部、レーベル部、サロン部(ワークショップ)、総務部(運営事務局)として、
部制の呼び名をとる

*(事業会社の"社"というイメージから、学びの場としての"校舎"もイメージさせる"舎"を加える)

・仕組みを街にインストールする事が目標であるとともに、
そのインストールを出来る人材を北本から輩出する事も長期的な目標になる。
また、それらも人材紹介・コンサルテーション的な形の事業として成り立つことが
出来るような道も考えたい


<11> 解散、片付けと記念撮影。希望者で打上げ・懇親会へ流れ、無事全日程が終了しました。

撮影:小野さん

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

会場撤収:参加者・関係者全員。皆様お疲れの所、ありがとうございました!!

主な記録写真撮影と設営協力:澤田さん、大内さん(TAP05,06年度スタッフ)ありがとうございます!

大内さんファミリー
撮影:澤田さん(今度、澤田さんの写真を追加しますね~)

最後に。北本に嵐を呼ぶ三人の会場入り写真。ナイスショットです!

撮影:澤田さん